唇の乾燥は、体の乾燥の始まり!潤いを与えましょう♪

唇は顔の中でも、皮膚が薄く敏感で、肌の生まれ変わりも早いところです。


それだけに乾燥には敏感に反応します。



唇が乾燥し荒れてきて、リップクリームやオイルをつけても乾燥が落ち着かないときがあります。


リップクリームやオイルでなかなか落ち着かないときには、体の水分不足が考えられます。


体の中の潤いが足りず、唇のケアだけしても追いつかないのです。



ここでちょっと体のケアをしましょう。


白湯か常温の水をこまめに摂るようにします。


体の内側から水分を補給して乾燥ケアをします。


体の水分不足は、肌の潤いだけではなく肌の新陳代謝も遅らせます。



体の水分不足は、血液の流れを悪くゆっくりとさせるので、肌にも影響が出るのです。


肌に影響が出る一番最初の場所が、他よりも薄く敏感な唇なのです。



体に足りなかった水分を補うことで、体の巡りが良くなり、新陳代謝を促します。


新陳代謝が促されると、肌のターンオーバーも整ってきます。


体の水分不足が解消されると、唇の乾燥も改善され、リップクリームやオイルでのケアで改善されるようになります。



リップクリーム・オイルで改善されず、唇の端も乾燥するときには、水分を摂ることと一緒に肌のケアを始めましょう。



化粧水のタイプをさっぱりからしっとりに変える、乳液をしっとりとさせる、クリームをこっくりとしたのにしてみるなど、全体のケアが出来るのがベストです。



唇が乾燥しているときには「パール入りの口紅」「落ちにくい口紅」を使うと、刺激になるので、うるうるになるタイプの口紅を使うことをおすすめします。



私自身、唇がすぐに乾燥するので、気になるときにはすぐにケアをするようにしています。


水分をなかなか摂らないので、こまめに摂るように心がけて、こまめにケアをし、パール入りの口紅を使わなくなってからは、随分改善されました。


水を飲むことに慣れるまで時間がかかりましたが、白湯にしたりと変化をつけました。


白湯は一日3回にして食事の前に飲むようにしましたよ。



唇の乾燥が、体の水分不足が原因で起きるなんて驚きでしたが、半信半疑でケアをして改善されるのを実感して、納得でした。


リップケア用品を使ってもなかなか改善されないときには、ぜひ試してみてくださいね。


育毛剤ブブカは薄毛の予防に